スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

サリーガーデンズとウィローガーデンのこと  

有名なサリーガーデンズ (Down by the Salley Gardens) と関係があるらしき歌があります。

とりあえずはグリーンデイのBillie Joe Armstrongと Norah Jonesによる2013年のレコーディングを。
Down in the Willow Garden (Rose Connelly)


Wikipediaによるとアイルランド由来とのことです。で、ブルーグラスの人が好んで取り上げてる。YouTubeで検索したらいくつか出て来ます。Flatt And Scruggsなんかもやってます。

ビリー・ジョーとノラ・ジョーンズのアルバムは、エヴァリー・ブラザーズの「Songs Our Daddy Taught Us」をまんまカバーしたという、ある意味斬新なものです。こちらが元のエヴァリーズ版。Willow Gardenはアルバムの2曲目です。


サリーガーデンズは、イェイツがアイルランドの田舎で採取したメロディーに基づいて作ったってことだけど、そもそも詞自体が田舎でとってきたものに基づいているという話です。田舎娘に恋したけど逃げられたって話で、最後のラインは「いまぼくは涙にくれている」となっています。

ウィロウガーデンは妊娠した(とは歌詞に出て来ないが)恋人に酒を飲んで眠らせて、刃物で刺して川に投げ込んだって話です。こちらは、主人公は死刑台にのぼることになってしまい、お父さんが涙に暮れています。イギリスなら典型的なマーダーバラッドってやつになりますが、アイルランドにもそういうのがあるんかどうか、よく知りません。(*)

両曲は詞の出だしからして、よく似てます。ただウィロウガーデンは三拍子だし、メロディーは似てるけどキーが違う。分析してみる価値はありそう。

エヴァリーズのアルバムについても、面白いので紹介しておきます。人気兄弟デュオのセカンドアルバムであるにも関わらず、兄弟の歌とギターにサポートのベースだけの超地味な音づくり。そして、いきなりさすらいのギャンブラーの歌から始まります(最後人を撃って収監。多分死刑**)。次がこのウィロウガーデンという殺人物語。「ベイビーを監獄から出しにきた」なんちゅー歌も入ってる。有名なバーバラ・アレンは、恋人が死んだので後追いで死んじゃう話です。「可愛いあんよに誰が靴をはかせるの?」なんていう愛らしい曲も入ってるんだけど、それよりとにかく死んだの殺したのが目立ちすぎる。アメリカのアイルランド移民は子供にそういう曲ばっか教えるんだろうか…

サリーガーデンズはこちらをどうぞ。素晴らしい。
Down by the Sally Gardens-Maura O'Connell with Karen Matheson


* 追記 :『アメリカは歌う』(東理夫)という本に、マーダーバラッドはイングランドのみならずアイルランドも含め周辺一帯にあると書いてました。

**追記2:エヴァリーズ版ではここは明言されてない。ビリー・ジョー版では、いかさま賭博をやられたんで射殺して収監されたことが描写されている。エヴァリーズより古いスタンレー・ブラザースの録音も残ってて、こちらはビリー・ジョー版と同じ歌詞。




スポンサーサイト

Posted on 2015/01/24 Sat. 22:23 [edit]

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

フラクタル猫展@キトゥンカンパニーご報告(チェルシーズラミ犬)  

お越しのみなさま、ありがとうございました。

例によって(?)というか、今回もノイズミュージシャン3組に混ざって唯一の脱力系音楽でしたが、いい感じで見ていただくことができました。

こないだ、島田篤さんと対バンした時に、自作曲の譜面をいただきまして、正月に特訓しましたので、初披露です。季節が違うけど、早く公開したかったのです。結構ウケてた気がします。島田さんにみてもらう日が楽しみだ~。

チェルシーズライブ vol.113
2015.1.11(日)京都五条キトゥンカンパニー
「 〈フラクタル猫〉展オープニングライブ」
出演(順に):堀林正、チェルシーズ・ラミ犬、石川雷太、昼間光城(metamict)
http://kondon.org/laju/tenji.html

IMG_1092.jpg

*キトゥンさんのベジオードブル。ものすごくかわいい。そしておいしかったです。ビールの向こうの、ネコ型ニンジンがのったバゲットみえますか。この黒いやつはキャビアじゃなくて、ヒジキだそう。バゲットによく合う、にんにく+オリーブ油の味でした。

<セットリスト>
ひるねのにおい
きみが風邪をひいちゃったから
夏(島田篤)
眠れぬ夜のかたつむり
きみんち
あかまつさん

<チェルシーズ>
ラミ犬(うた、ギター、ハーモニカ、カズー)

<次のライブ>
チェルシーズライブ vol.114
2015.1.25(日)北浜フレイムハウス「ウクレレがつなぐ縁〜一期一会ライブ」
http://www.katana.cx/~fureimu/
開場15:00 開演16:00
チャージ1500円(ワンドリンクまたはワンハヤシつき)
出演:KADOYA、チェルシーズ、sayo
* いつもお世話になっているフレイムハウスに、全員関レレで知り合った3組が出演。そう、実はチェルシーズの二人も関レレで知り合ったのだった。意外! で、誰かウクレレ弾くのか、このメンツ??(注:sayoちゃんは三線と一五一会弾き語りです)
チラシカラー

Posted on 2015/01/13 Tue. 20:43 [edit]

category: ライブの報告

tb: 0   cm: 0

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

アフィリエイト

Twitter

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

チェルシーズ物販コーナー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。