スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2012年わたしのベスト  

2012年に気に入ったあれこれです。

(1) ライブ
青葉市子 7/15 グッゲンハイム邸

若いのにほんとうに堂々たるライブで、内橋和久のサポートも含め心に残った。この人本当に、10年か20年にひとりの才能と思うなあ。

他にライブといえば、JON犬のライブにまりりんと行って、ハードコアの小屋で死ぬ目にあった記憶が、きのうのことのように鮮明だ(笑) 鼓膜の破壊を恐れて、JONが出てくる前に帰ったのです。JONはその後、京都の民家カフェでみれました。

(2) レコード
柴田聡子「しばたさとこ島」

ジャケットみて、なんじゃこれーと思って、YouTubeで音を確かめて即、通販で買いました。テニスコーツ関連の人脈もあって、ぼくが好きになるのはまあ当然ですね。前年のデモCD-Rもよかったです。というか、デモの収録曲の方が好き。デモだけに、音がいまいちなのが残念です。



山田庵巳「機械仕掛乃宇宙」(MySpaceで試聴→)機械仕掛乃宇宙

青葉市子の話をしていたら、熱狂的な山田庵巳ファンの人がこっちも聴けって紹介してくれました。青葉は「山田庵巳は、わたしがこのスタイルの弾き語りをはじめたきっかけになった人」という意味のことを言っていました。


あとは新譜じゃないですが、この周辺を聴いてました。2012年の前半はフルートに熱中、後半はブラジル(ボサノバ以外の)に熱中ってところです。

エマニュエル・パユ「巴里の誘惑:20世紀フランスのフルート音楽」


カルトーラ「Verde que te quero rosa(愛するマンゲイラ)」


V.A. エポカ・ヂ・オーロ他「Cafe Brasil」




(3) 楽器
前半は、正月に中古のモダンフルートを買って、がんばって練習してました。夏くらいから、なんだか暑くて笛ふく気がしなくて、そのかわりに打楽器を。フレームドラムを調べるうちに、パンデイロに行きつきました。しばらくのめりこみそうです。

(4) 本
五野井郁夫「「デモ」とは何か : 変貌する直接民主主義」
野村誠「音楽ってどうやるの ミュージシャンが作った音楽の教科書」
新井紀子「生き抜くための数学入門 (よりみちパン!セ)」

本じゃないけど、「ERIS」に掲載の安冨歩「マイケル·ジャクソンの思想」も印象に残ってます。

(5) その他
今年は4月はじめに関電抗議と神戸のデモにでて、5月5日に原発が止まるまでの期間限定のつもりが、その後もひんぱんにデモや抗議に参加し続けてます。初参加の神戸のデモで高校の先輩に何十年振りかで会ったり、子供が夏休みに入ったんで二人で和歌山デモに行ったりとか、楽しい思い出もありました。ウクレレ弾きを動員できないかと思って失敗(とりあえず一時撤退)したりとか、色々あったな。

16年続いた、ソウル・フラワー・ユニオンのファンサイト「海賊版電子魂花時報」を終わらせました。最後に、その時の自分のツイートを引用しておきます。

>「ソウルフラワー」っていうのはもちろん第一に彼らの音楽だし、または彼らの言行やバンドの佇まいであるけど、同時に、ぼくにとっては、彼らの周りに集まってくる人々、事象のことでもあります。それがぼくを動かします。
http://twitter.com/lamikennel/status/227244531601518593

そういうことです。ありがとう。
スポンサーサイト

Posted on 2012/12/31 Mon. 19:41 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

不定期刊チェルシーズ通信その19 クリスマス増刊号  

みなさま、メリークリスマスでございます。
例年チェルシーズからクリスマスのご挨拶として、宅録音源をアップしています。

今年はずっと前から計画してたんですが、曲が決まらず、例によってぎりぎりになってから「あ、この曲でええやん」と決まったのが、これです。まだまりりんがメンバーになる前、2007年の冬至の日に、キャンドルナイトに参加した思い出をインスト曲にしたもの。そういえば、その会にもまりりんはいた。

映像は一年を写真で振り返ってみました。モブシーンが多いっていうんでしょうか(笑)
いただきものの写真がいっぱいあります。クレジットをつけていませんが、厚くお礼申し上げます。もし不都合があったらお知らせください。

#ところで誰かうちのバンドの映像担当やってくれないかなあ…

ということで、よいお年を。来年もよろしくお願いしマス。チェルシーズでした。



冬至
http://youtu.be/JE6UHegcghc
作曲:ラミ犬
演奏:チェルシーズ
 まりりん ピアニカ、トイピアノ、ティンホイッスル、その他鳴りもの、ボイス
 ラミ犬 ギター、パンデイロ、ボイス

Posted on 2012/12/24 Mon. 11:25 [edit]

category: チェルシーズ通信

tb: 0   cm: 2

12/15わからん屋報告  

ご来場のみなさま、ありがとうございました。

このライブは(順に)アーダコーダ、ココロオト、チェルシーズと、すべて男女デュオかつバンド名がカタカナという組み合わせでした。うん。やっぱり傾向は似てなかった(笑)

アーダコーダはギター+アコーディオン(またはギター*2)で、ちょっとダークな歌詞が印象的でした。ココロオトはピアノ弾き語り+ジャンベで、高音域のコーラスが美しかったです。

ココロオトのサポートのギター大江さんとは昨年4月以来の再開でしたが、「あかまつさん」のことをよく覚えてくださっていました。なんせその時に初演だったんです、あの曲。

その時お客さんに「一緒に歌えない」っていわれて、次回からコーラスパートを作ったんですよね。それ以来、お客さん達に合唱を強要しているチェルシーズでした。

というわけで今年もみなさん、ありがとう!
来年もあちこちにおじゃまできたらと思っておりますので、よろしくです。

チェルシーズライブ vol.86
2012.12.15(土)京都木屋町わからん屋
出演(順に):アーダ・コーダ、ココロオト、チェルシーズ

<セットリスト>
つらら
ひるねのにおい
うろこ雲
眠れぬ夜のかたつむり
おはよう(また夏がきたみたい)
上司想いの部下のうた
ぐるぐる
あかまつさん

<チェルシーズ>
まりりん(うた、ピアニカ、トイピアノ、アンデス、たて笛その他もろもろ)
ラミ犬(うた、ギター、よこ笛)

<次のライブ予定>
チェルシーズライブ vol.87
2013.2.24(日)京都木屋町わからん屋

チェルシーズライブ vol.88
2013.3.24(日)大阪谷町九丁目ワンドロップ

*1月はセカンドアルバムのレコーディングにとりかかります。
が、その前にこちらの在庫販売にもご協力お願いしマス↓
チェルシーズのファーストアルバム『全国の方向音痴に捧ぐ』発売記念特設サイト

Posted on 2012/12/17 Mon. 20:52 [edit]

category: ライブの報告

tb: 0   cm: 0

不定期刊チェルシーズ通信その18 年末特大号  

みなさま

チェルシーズのラミ犬です。あっという間に1年も終わってしまいそうな勢いですが、いかがお過ごしでしょうか。なんか今年はえらく寒いような気がしますね。すでに1月並の気温とか?

さて、チェルシーズ今年最後のライブが12月15日にあります。もう最後であるからして、みなさまには大勢ご参集いただきたく、お願いにあがりました次第であります。2バンドとも初の対バンで、ぼくらも楽しみにしています。

チェルシーズライブ vol.86
2012.12.15(土)京都木屋町わからん屋
http://www.baumkuchen.net/~ue/wakaran/
出演:アーダ・コーダ、チェルシーズ、ココロオト
開場18:30 開演19:30ごろ
料金:前売1000円(お店か出演者にご連絡ください)当日1200円

◆◇
年末なのでこの辺で、2012年の音楽シーンを振り返ってみたりなんかしますが、まずはまりりんから。


今年気に入ったもの・・・
音楽ではないんだけど、
森元暢之さんとたらすなさんの紙芝居。
これまた音楽ではないんだけど、秋の虫の声とか南の島の波音をBGMで流すのがマイブームです。

あとね。大阪市内での用事には、時間と荷物とお天気が許す限り、自転車で出掛けるようになりました。なので前と比べて地図を調べるようになりました。毎回、ほんまにちゃんと着けるかドキドキですけどね。


大阪を彷徨しているまりりんを見かけたら、道を教えてあげてくださいね。
ていうか、音楽シーンの話じゃなかったですね。

わたくしラミ犬は、柴田聡子「しばたさとこ島」がベストアルバムでした。もちろん青葉市子「うたびこ」もよかったです。両者とも、はじめてライブを見ました。ライブといえば、JON犬のライブにまりりんと行って、ハードコアの小屋で死ぬ目にあったという恐ろしい体験が。これも2012年の走馬灯です(笑)

海外では、「Cafe Brasil」という、10年前にでたショーロのコンピを棚からひっぱりだして、ヘビーローテーションしてます。自分でもパンデイロ練習中です。

ではではみなさま、よいお年を。ていうか、わからん屋きてね!!
来年は早々から新譜のレコーディングを開始します。

※この記事はメルマガとして、これまでご縁のあったみなさまにお送りしているものと同じ内容です

↓これです、これ。「Cafe Brasil」。むかし試聴して、ををっと飛びついたものの、ミュージシャンが誰とか全然わかってなかったんですよね。いまライナーをみると「ほほう」って感じです。パンデイロという楽器の音を聴きたい人にも、おすすめ音源です。(ライナーには「タンバリン」て書いてます)


↓レコーディングのプリプロはもう始めましたよ。
SBCA1118.jpg

SBCA1120.jpg

Posted on 2012/12/04 Tue. 12:30 [edit]

category: チェルシーズ通信

tb: 0   cm: 0

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

アフィリエイト

Twitter

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

チェルシーズ物販コーナー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。