スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

なかちよライブ報告  

ご来場のみなさま、ほんとにほんとにありがとうございます。なかちよさんも、いつもよい場をご提供いただき、感謝しています。

今回はお客さんと一体となったよいライブができた!と自負していいと思いました。
これは水晶(みあき)さんの人柄も大きいと思います。

水晶さん、2005年に琵琶レレではじめて拝見してからしばらくブランクがあったそうですが、昨年の琵琶レレでは(偉そうな言い方ですが)なんだか成長されたなと感じました。そして今回のライブでそれは気のせいじゃなかったことが分かりました。ブランクなんか関係ないんですね。これからまたどんどん歌っていって下さい。

それとぼく思ったんですけど、なかちよでチェルシーズが企画のライブをやるときは絶対いい人を呼んでるから、みなさん見にきて下さい。なんせチェルシーズがこれまでなかちよにお招きした人たちときたら:良元優作、ズンコ、西沢和弥、長野友美、そして水晶。次は誰かな?お楽しみに!
201006192013000.jpg
*水晶さん。チェルシーズは写真なし。

チェルシーズライブ vol.47
2010.6.19(土)茨木cafeなかちよ
http://cafe-nakachiyo.net/
出演:水晶、チェルシーズ

<セットリスト>
雨ふりの歌(vo:まりりん)
寝坊のうた(2番の歌詞を初披露)
おはよう(また夏がきたみたい)
ひるねのにおい
八月の光
上司想いの部下のうた
梅雨あけ
メロディ
南国生まれのオレンジ色の鳥
方向音痴(朗読つきバージョン)

(アンコール)
いちょうの樹の下で(知久寿焼作。水晶さんと)
きみんち

<チェルシーズ>
まりりん(うた、ピアニカ、トイピアノ、ティンホイッスル、その他もろもろ。アンコールでウクレレ)
ラミ犬(うた、ギター、ティンホイッスル。アンコールでハーモニカ)

<次のライブ>
チェルシーズライブ vol.48
2010.7.31(土) 京都わからん屋
出演:チェルシーズほか

詳細はやはりまだわからないのです。わからん屋だけに。次回より、チラシあるいは当ブログのプリントアウト持参で前売り料金にしていただけるよう、お店と話をしました。当社のチラシは簡単に偽造できそうですが、勝手に版画つくったりしないでね(笑)
スポンサーサイト

Posted on 2010/06/20 Sun. 10:52 [edit]

category: ライブの報告

tb: 0   cm: 0

チェルシーズライブ予定2010年6月?  

この記事をtwitterで紹介するこの記事をtwitterで紹介する



0385.jpg

チェルシーズライブ vol.47
2010.6.19(土)茨木cafeなかちよ
http://cafe-nakachiyo.net/
出演:水晶、チェルシーズ
開場18:30 開演19:00
チャージ1500円(別途オーダーをお願いします)

おなじみの茨木なかちよで、ウクレレ弾き語りの水晶(みあき)さんとご一緒させていただきます。水晶さんは澄んだ声で歌う方で、オフノートからCDを出しています。それから琵琶レレ(琵琶湖ウクレレ化計画)にも二度出演していただいています。ウクレレファンも女性ボーカルファンも、どうぞお楽しみに。

チェルシーズライブ vol.48
2010.7.31(土) 京都わからん屋
出演:チェルシーズほか

詳細はやはりまだわからないのです。わからん屋だけに。次回より、チラシあるいは当ブログのプリントアウト持参で前売り料金にしていただけるよう、お店と話をしました。当社のチラシは簡単に偽造できそうですが、勝手に版画つくったりしないでね(笑)

チェルシーズライブ vol.49
2010.8.7(土)西院ミュージックフェスティバル
出演会場:あじしん
開演17時、チェルシーズは21時より出演。投げ銭ライブ
西院ミュージックフェスティバルは8/7?8/8
イベントHP:http://saifes.dip.jp/

今年の西フェスは鉄板焼「あじしん」さんになったそうです。ありがとうございます。昨年の銭湯「旭湯」もめちゃよかったですが、さらに面白いものにしたいです。

チェルシーズライブ vol.50
2010.8.8(日)加古川 インド・ネパール食堂ちょうたり
詳細未定、夕方頃に開演の予定

祝・新チェルシーズ2周年、ちょうたり3周年、チェルシーズライブ50回記念ライブなのです。遠いですが、ネパール料理食べがてらどうぞ。

チェルシーズライブ vol.51
2010.8.29(日)モダンタイムス(京都・三条木屋町)"ランチタイムライブ♪"
詳細未定
出演:roka、チェルシーズ、他

じゃーん。昨年の対バンの中でひそかにラミ犬の好みno.1だったバンドrokaさんとご一緒できることになりました。奇しくも現在レコーディング中とか。レコ発ライブになるかな??

Posted on 2010/06/15 Tue. 18:07 [edit]

category: ライブ予定

tb: 0   cm: 1

きょうはロックの日ですがレコーディング速報(6)  

録音作業自体は4月でもう終わってたんですけど、この間(かん)エンジニア西沢和弥さんの作業はずーっと続いてまして、緻密なミックス作業をやっていただいてました。それもそろそろ終わりにかかり、仕上げにバンド立ち会いでバランスのチェックとか、ここをこうして下さいとかお願いするミキシングセッションを6/6にやって来ました。音量調整のフェーダーをさわらせてもらったりして、面白かったです。

これまでの長々とした作業をやってくれた西沢さんにはほんと頭が下がります。ほとんど何も言ってないのに思ってる通りの音像を作って下さいました。
201006041813000.jpg
*写真は本文とは関係ありません

レコーディングの反省点とか、色々あるのでメモしておこうと思います。

まずは音被り。ライブ感のある録音をということで一斉に演奏して一発録りをやったんですが、これは後々の西沢さんの作業を面倒なものにしてます。音が被ってるせいで、ノイズを取りたいけどできないとか、音質を変えたいけどできないとか、相当難しかったそうです。今度やるとしたら、デモ作っといてそれを聴きながら別録りするのがよさそうです。(デモができるのか?という問題はある)

実は一曲だけ、どうしてもうまくいかないんでばらっばらに録ったやつがあるんだけど、何もないところに弾いた最初の伴奏ギターが特に超緊張で、約5分間神経はりつめてよくやったなと思う、おれ。それが一か所弾き遅れがあるのを指摘され(自分も弾いてて分かったが、バレないかと思った。そんなことはなかった)絶望的になりかけたところ、エンジニアのスーパーテクニックと科学の力に救われたりしました。もうどこだったか覚えてないし。

DSC09355.jpg
*ステレオサウンドに耳をかたむけるまりりん氏

ノイズ。これはもうライブの時なんかはだいたい何やっても許容範囲かと思うが、録音となると注意が必要ですねえ、つくづく。足ぶみとかダメだし。ぼくのギター、フィンガリングノイズが結構あるらしくて、かなりの修正をしてもらいました。あと鼻息が荒かったり鼻がずるずる言ったりがしょっちゅうで、ミックス作業が進むにつれ目立つんですね、これ。ノイズはエンジニアのスーパーテクニックと科学の力でかなり緩和されました。でも元々ない方がいいよね。

テンポ。レコーディングの前1か月くらいはメトロノーム聴きながら弾く練習してたんですけど、実際には使わず。これも大胆すぎたかも。でも、曲の途中でテンポが変わっていく曲が多いし、変わってないつもりだったけど実は変わってるって曲もあったりして、クリック使うとしたらプログラミングしてないとだめかな。それもなんだかって気もします。あとリズム感は問題ないレベルと思ってたけどそれは勘違いで、かなり走るタイプだということも判明。はぁ。

201006041827000.jpg
*写真は本文とは関係ありません

ボーカルの音程。おれめちゃあやしいのですが、いい音で録音するとさらにはっきり分かるなあ。発音、口の形、かなり普段から気をつけておくべきなのですね。これは外したところを科学の力で変えることができないので(音が被っているため)すが、ちょいと音量を下げてもらうだけで不快感が減少したもよう。聴いてるうちに慣れてくるというのもあるもよう。

それから一発録りのために編集があまりできなかったんだけど、後からよーく考えると、イントロと本体は別録りしてくっつけたらよかったのではって思うような曲もありました。これはどんな録り方をするにせよ、曲のことをもっと知っておく必要があるってことかなあ。自分の曲なんだけど意外と分かってなかった。

まあでも、演奏の差し替えがほとんどないというのは、ある意味すごいことなのかもしれません。特にボーカルは全く差し替えなしなので、あとあと後悔するかもしれないが、これはこれで今のぼくらの記録ではあるな。いつか同じ曲をつくりなおしても、この感じは絶対でないと思うので。

音楽のリスニングについて。いまステレオでCDを聴く人って多分少数派ですよね。たいていiPodか携帯か、つまりはヘッドホンで聴いてるわけです。あるヘッドホンの説明書に「音楽を顕微鏡で拡大するようなもの」とか書いてたんだけど(拡大鏡だっけ?)ほんとにそう思います。すると、むかしの録音みたいに大雑把なことができないんですね。ミックス作業がここまで細密な仕事になるのもそのせいでしょう。
DSC09358.jpg
*緻密な作業ゆえいつになく真剣な表情の人たち

今月中にマスタリングしてもらう予定で、アルバムとしていよいよ完成が見えてきました。現在ジャケット制作中。思えばチェルシーズ2年目の目標はレコーディングと言ってはみたものの、こういう形で実現するとは思わなかったなあ。この半年はこれに費やしました。さて、3年目は何しよう?

*文中のイラストはまりりん画。6/4は虫の日だったそうです。

<そして次のライブは>
おなじみの茨木なかちよで。ウクレレ弾き語りの水晶(みあき)さんとご一緒させていただきます。水晶さんは澄んだ声で歌う方で、オフノートからCDを出しています。それから琵琶レレ(琵琶湖ウクレレ化計画)にも二度出演していただいています。ウクレレファンも女性ボーカルファンも、どうぞお楽しみに。

チェルシーズライブ vol.47
2010.6.19(土)茨木cafeなかちよ
http://cafe-nakachiyo.net/
出演:水晶、チェルシーズ
開場18:30 開演19:00
チャージ1500円(別途オーダーをお願いします)

Posted on 2010/06/09 Wed. 21:24 [edit]

category: ライブの報告

tb: 0   cm: 0

わからん屋ライブ報告  

お越しの皆様、ありがとうございました。

わからん屋はバーカウンターの大督さんが引退されまして、ちょっと寂しくなりました。代わりに、女性が来られる日もあるとのことでした。

今回は「きみんち」をラミ犬が(これは最近いつもですが)、そして「雨ふりの歌」をまりりんが歌うということでやってみました。あと「北沢」は3番に口笛をかぶせたんですが、座って1-2番まで弾いて立ち上がるつもりがストラップが外れてしまい(笑)座ったままマイクめがけて口笛吹きました(それなりに聞こえたのでは)。

そういえば対バンのギターインスト森本さんもサムピック派のようでした。ぼくは今回指びき、フラットピック、サムピック2種と使い分けてみました…って興味ある方へ、ご参考まで。

チェルシーズライブ vol.46
2010.5.29(土)京都わからん屋
http://www.baumkuchen.net/~ue/wakaran/
出演(順に):チェルシーズ、森本昌彦

20489.jpg

<セットリスト>
おはよう(また夏がきたみたい)
南国生まれのオレンジ色の鳥
きみんち
雨ふりの歌
ぐるぐる
わるい予感はあたる
七月北沢
寝坊の歌
梅雨あけ
全国の方向音痴に捧ぐ

<チェルシーズ>
まりりん(歌、ピアニカ、トイピアノ、笛、その他鳴りもの)
ラミ犬(歌、ギター、笛)


提供:付き人さん、いつもありがとうございます!MC長い!(笑)

<次のライブ>
おなじみの茨木なかちよで。ウクレレ弾き語りの水晶(みあき)さんとご一緒させていただきます。水晶さんは澄んだ声で歌う方で、オフノートからCDを出しています。それから琵琶レレ(琵琶湖ウクレレ化計画)にも二度出演していただいています。ウクレレファンも女性ボーカルファンも、どうぞお楽しみに。

チェルシーズライブ vol.47
2010.6.19(土)茨木cafeなかちよ
http://cafe-nakachiyo.net/
出演:水晶、チェルシーズ
開場18:30 開演19:00
チャージ1500円(別途オーダーをお願いします)

Posted on 2010/06/01 Tue. 12:30 [edit]

category: ライブの報告

tb: 0   cm: 3

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

アフィリエイト

Twitter

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

チェルシーズ物販コーナー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。