スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

音源アップ:寝坊のうた  

先日のわからん屋ライブの録音です。コンソール音源ですよ(笑)

ここんとこアイルランド音楽にすっかり浸ってまして、あろうことかティンホイッスルに手を出しました。まりりんは笛名人(?)なので、教えてもらおうと思って"Carolan's Draught"の譜面とデ・ダナンによる演奏音源を渡してたんです。したら、約1週間のち「歌詞ができた」と。このような忙しい曲になりました。カロランは18世紀ごろのアイルランドの盲目のハープ奏者だそうです。格調高い音楽がこんななっちゃって、すみません>カロラン

http://www.myspace.com/chelseasjpよりどうぞ?。

寝坊のうた
詞:まりりん
曲:Turlough Carolan "Carolan's Draught"
録音:2009.05.23 京都わからん屋(ライブ)
(c)2009 chelseas

*2009.07.04 京都わからん屋(ライブ)音源に差し替えました。クラシックギターを使用。(9/15)

DSC00312.jpg
*写真は本文と無関係です
スポンサーサイト

Posted on 2009/05/26 Tue. 12:10 [edit]

category: チェルシーズの音源

tb: 0   cm: 3

with西沢和弥@わからん屋ご報告  

インフルエンザ騒ぎの中ご来場のみなさん、ほんとにありがとうございました。しかし京都は神戸と違ってマスク度低かったです。新京極なんて前に進めないくらいで、よかったんでしょうかあれで。

残念ながらエルサさんが急病のため欠場でしたが、とても楽しいライブになりました。どれくらい楽しいかというと、リハのあと、本番前に打ち上げをやりました。。。えーと。西沢さんはめちゃくちゃ酒に強い方なんで、本番前も本番中も終わってからもずーっとビール飲んでますが、ぼくらはダメですね。曲によって意識が途切れてるらしきところがありました。次からは断ろう(笑)

20090523西沢さんと
*打ち上げ会場で(ライブ前です)

話せば長いですが、2年ほど前の旧チェルシーズ時代、今はなき弁天町「吟遊詩人」で西沢さんとご一緒させていただいたことがあるんです。わからん屋にレギュラーで出演されている事を最近知りまして、お店の方に「あの?、西沢さんと同じ日にブッキングしてもらえませんか」とダメもとで頼んでみたら、あっさりライブが決まったという次第です。

西沢さんのパフォーマンスは落語的というか、歌・ギター・MCと、ほんと名人芸だと改めて思いました。それとライブ全体としての一体感を心がけていらっしゃるのも感銘を受けました。MCで「チェルシーさんが?」と何回も言われるのは気恥ずかしいですけどね。

またいつか一緒にやれたらいいなあ。(追記:西沢さんのブログにものせていただきました。)

20090523飲んでるとこ
*打ち上げ会場で(本番前)。撮影:西沢和弥

チェルシーズライブvol.32
2009.5.23(土)京都・わからん屋
出演:西沢和弥、チェルシーズ

<セットリスト>
*寝坊のうた
きみんち
雨ふり
梅雨あけ
約束
七月北沢
おはよう(また夏がきたみたい)
全国の方向音痴に捧ぐ
わるい予感はあたる
南国生まれのオレンジ色の鳥

*新曲。まりりん作詞。曲は Carolan's Draught。

<チェルシーズ>
まりりん(歌、ピアニカ、トイピアノ、ティンホイッスル、目覚まし時計その他鳴り物)
ラミ犬(歌、ギター、ティンホイッスル)

DSC00297.jpg
*演奏もした

Posted on 2009/05/25 Mon. 12:18 [edit]

category: ライブの報告

tb: 0   cm: 3

音源アップ「わるい予感はあたる」  

先日のリハを録音しました。今回はステレオの左右の音をちょっとさわってみました(GarageBandのエフェクトをそのままかけただけ)。すご?いラフな演奏です。

内容は、今年はじめだったか、まりりんが急病に倒れた時のドキュメンタリーです。
http://www.myspace.com/chelseasjpよりどうぞ?。

わるい予感はあたる
詞:まりりん
曲:ラミ犬
(c)2009 chelseas

DSC06792_convert_20090519085837.jpg
DSC06798_convert_20090519085855.jpg
↑熱心にリハーサルを行うチェルシーズのみなさん

Posted on 2009/05/18 Mon. 12:38 [edit]

category: チェルシーズの音源

tb: 0   cm: 0

西院ミュージックフェスティバルに出ます!  

チェルシーズ、2年ぶりに西フェス出演きまりました。8/2(日)。
で、カフェかなあって思ってたんですが、なんと銭湯です(時間未定)。意外でした。
なお、お友達のズンコも同日に出演決定です。1時にボクシングジムだそうです。
これもすごい場所やなあ。

2009.8.2(日)西院ミュージックフェスティバル・旭湯
詳細未定。イベントHP:http://saifes.dip.jp/

その前にこちら、よろしくお願いしま?す:
チェルシーズライブvol.32
2009.5.23(土)京都・わからん屋
http://www.baumkuchen.net/~ue/wakaran/
出演:西沢和弥、チェルシーズ、エルサ
前売¥1000/当日¥1200

Posted on 2009/05/18 Mon. 12:05 [edit]

category: ライブ予定

tb: 0   cm: 5

GWに六本木で  

東京ミッドタウンにこんなのがいました。
写真もとったけど、動画があったんで貼り付け。(おれも映ってる鴨)



「フランス人アーティスト、トーマス・メンソン氏が演じるDark Krakou(ダークラクー)」なのだそうデス。かなりおもろくて、ぼくも娘もまわりの人たちも約30分すっかり心を奪われてしまいました。

下は娘が携帯で撮った写真。ベビーカーを押すところ。握手したり、子供の帽子を高いとこにあげちゃったり、子供が集まってきた頃合いで吠えたり。最初はよろよろしてるかと思えば突然走りだしたり、たまにポーズとったり、なんとも芸達者だった。
PAP_0152_convert_20090508150839.jpg

終わった後(みんなで)おっかけていって、素顔もみた。本人は手を振っていたが、スタッフの日本人に「あ゛ー、舞台裏ですから」とかって追い払われました。はい。

Posted on 2009/05/08 Fri. 20:02 [edit]

category: 旅行

tb: 0   cm: 3

新しい子を紹介しマス  

DSCF4375.jpg
Headway HN-403です。以後よろしくです。

えーと、元はといえば知久寿焼さんの使ってるThreeS トルバドゥールがほしかったんだけど、中古市場で10万とかになってるし、70年代で5万円のギターにその値段だすなら、今売ってるやつにそれくらい出した方がいいなと思うように。で、k.yairiのニューヨーカーを狙ってたんですが、やっと見つけた店で試奏するも、いまいちしっくりこず。しばらく前にHeadwayのカタログをもらってきて、目の毒なんですぐ捨てたんですが(笑)それに載ってたやつを中古で見つけた次第です。

Headwayのは伊丹の駅前にもサイドバック合板のモデルがあって、ネック持った感じとか全体の作りとか、よかったんですよね。これは単板です。昨夏から弾いてるThreeSのオール合板ギターも捨てがたいですが、やっぱ音が高級感あります。はい。

Posted on 2009/05/05 Tue. 17:58 [edit]

category: 楽器

tb: 0   cm: 4

アイリッシュ音楽が好きになった話  

ちょっと前からアイリッシュ音楽に浸ってます。そもそもは職場にブリティッシュフォーク好きがいて、その影響でトラッドロックとか聴いてました。しばらくはフェアポート、スティーライがいいなあと思ってたんですが、はっと気づいたらアイリッシュがしみ込んでしまってました。フェアポート・コンヴェンションにしてもスティーライ・スパンにしても、アイルランドのダンスチューンをやってるんですね。

それに先立って「聴いて学ぶアイルランド音楽」という本を読んで、それまで苦手だったアイリッシュのうち、無伴奏歌ものだけは好きになってたんですが、ダンスチューンが好きになったら本物(のアイルランド病)かなあ、と。

アイルランド勢の中でも気に入ってるのが、De Denannです。デ・ダナンはどれもいいですが、今のところ一番好きなのが「スター・スパングルド・モリー」というアルバム。アイルランド人がアメリカに移民して、どんな音楽的影響をもたらしたのかということが、テーマのようです。

次のような曲を聴くと古いジャズ好きかつ最近アイリッシュ好きとしてはたまりません。モーラ・オコンネルの声が曲調にぴったり。アルバムではこれについで「ヘイ・ジュード」をダンスチューンに編曲したやつがフィドルから始まって、そのくだりでいつも感動してます。

My Irish Molly-O


さらに病膏肓、ティン・ホイッスルを買って夜な夜な吹いてます。またその辺の話は書くかもしれません。思えば2000年(もう10年近く前だな)、モノノケ・サミットが前座で出るからという理由で、アンディ・アーヴァイン&ドーナル・ラニーのライブをみにいきましたが、当時のぼくには文字通り猫に小判というか豚に真珠というか犬にダイアモンドでした。ああ、今見たい。

*気に入ってるStar Spangled Molly / De Danann


*「聴いて学ぶ アイルランド音楽」翻訳はおおしまゆたかさん。CDつきなのがいいです。

Posted on 2009/05/01 Fri. 12:57 [edit]

category: レコード

tb: 0   cm: 3

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

アフィリエイト

Twitter

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

チェルシーズ物販コーナー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。