スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

チェルシーズ・ライブと懇親会のお知らせ  

「チェルシーズ懇親会」というのを企画しました。っていうほどのものではないですが、単に飲み会をしましょうという話です。でもメンバー二人の家に近い場所でやります。長寿蔵あたりを考えています。遊んでくれる人は、連絡くだサイ。

チェルシーズ懇親会
2008.11.03(祝)の午後伊丹市内のどこかで

それとライブのお知らせです。まりりんが「フライヤ」を作ってくれました。斬新なことに落ち葉をはりつけてあります。受け取った翌日、すでに半分枯れてパリパリになってました。スキャンしたら破れました(そりゃそう)。

チェルシーズライブvol.24
2008.11.15 (土) 茨木 cafeなかちよ
http://cafe-nakachiyo.net/
出演:チェルシーズ
開場 18:30 開演 19:00 ←開場前には(なるべく)入らないでくだサイ
投げ銭(別途オーダー要)

なかちよフライヤーs

チェルシーズライブvol.25
2008.12.13 (土) 神戸・王子公園 喫茶「サンド
神戸市灘区中原通2?1?15(灘中央筋の最北、西側)
阪急「王子公園駅」東口下車、徒歩10分 TEL(078)871-0974
出演:三角ウクレレ、チェルシーズ(ラミ犬、まりりん)、KADOYA withヤキソバヤ
*9月の同じメンツでのライブが好評につきアンコール興行決定です。ですが詳細未定です。

チェルシーズライブvol.26
2009.01.24(土)京都・わからん屋(予定)
スポンサーサイト

Posted on 2008/10/17 Fri. 12:36 [edit]

category: ライブ予定

tb: 0   cm: 0

[業務連絡] 携帯のメールアドレス変えました  

業務連絡です。SPAMがひどくなったんで、携帯のメールアドレス変えました。
これでSPAM来なくなるか不明なんで、パソコンあてにメールもらった人にはぼちぼち返信で通知していきます。
ずっと大丈夫だったんだけどなあ。。。

Posted on 2008/10/15 Wed. 17:50 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

デュオ川瀬健ライブご報告  

正直なところ「本当にぼくが出ていいんですか?」というシチュエーションでしたが、意外と緊張しなくて、自分なりの演奏ができたと思います。川瀬さんの音楽は本当にすばらしいです。サテンドールのソロ(左手はウォーキングベースライン)にはぞくぞくしました。

リハを見て下さった遠藤さんのバンドの方が「ウクレレいいなあ。おれもウクレレやろかな」とおっしゃっていたとか。ぜひぜひ。そして、出番が終わった後、お客さんに「透明感のある音だった」と声をかけていただいたこと、とてもうれしかったです。

2008.10.11(土)加古川 松風ホール 「ベーゼンのある散歩路」
イベントHP:http://www.eonet.ne.jp/~shitifukujin-pjt/index.html
出演:遠藤響子ユニット(遠藤響子(vo/p)よしみせいいち(b) 小畑ポンプ(ds) )、デュオ川瀬健(川瀬健&ラミ犬)
川瀬健HP:http://www7a.biglobe.ne.jp/~ken-remiko/
遠藤響子HP:http://www.puremode.biz/

<セットリスト>
アイルランド風(クロード・ボラン作)
ブルーボッサ
サテンドール
グリーン・ドルフィン・ストリート
星に願いを(川瀬さんのピアノソロ)
七月北沢(ラミ作)
That old feeling

<デュオ川瀬健>
川瀬健(p, ukulele)
ラミ犬(ukulele, vo)

22721405_2378240924.jpg
リハ中(写真提供:おんがくのまち かこがわ実行委員会)

Posted on 2008/10/12 Sun. 09:43 [edit]

category: ライブの報告

tb: 0   cm: 4

アコギな話:修理篇  

30年のあいだ打ち捨てられていたアコギを拾った話の続きです。鈴木バイオリンの製品で、ヘッドのロゴは「Three S」、型番はF-150。ネット検索しても引っかかってこなかったです。通販で買ったらしいので、店売りしてなかったのかも知れません。定価は1万5千円でしょう、多分。

掃除して、壊れたネジなんかをちょっと修理して、弦を張って「じゃら?ん」と弾いてみたところ、一部あまり感心しない音がしました。低音がもこもこなのです。でも、しばらく弾いてるうちに全体的によく鳴るようになって、持った感じもしっくりきて、妙に気に入ってしまいました。

ちょっと気になるのが、いまどきの楽器にしては弦高が高すぎることで、そこんとこ調整してもらって、ついでにピックアップもつけようかなと、神戸・王子公園のアコースティックハーモニーに持って行きました。

店主さん、ちょいちょいと触って、ブレーシングが外れかけているところがある(低音弦側。だから音がヘンだったのか)のとナットの溝が引っかかってるってのと、一瞬で診断してくれました。さすが本数を見ている人は違うんだなあと感心しました。「このメーカーのはよく鳴りますよ」、だそうです。「こんな得体の知れない安物持ってくるな!!」と怒られないか、恐る恐るだったんですが、この店に持ってってよかった。

で、加工箇所はピックアップ取付と、ブレーシング修理、ナット、サドルの交換&調整。ピックアップは最近流行りの充電型プリアンプつきのMiSi Acoustic Trioにしました。全部で元値の倍以上かかってしまいましたが、しょうがない(だいたいピックアップがすでに元値こえてる)。ペグも換えたらいいけど、高いからしばらく様子みましょうと言われました。親切なお店です。

DSCF3830_convert_20081004183806.jpg
写真でみると上等な感じだなあ…

<以前書いた記事>
アコギな話:あるいはわたしとアコギ
http://lamiken.blog63.fc2.com/blog-entry-216.html

地蔵盆、佐々木彩子、捨ててあったアコギ
http://lamiken.blog63.fc2.com/blog-entry-214.html

Posted on 2008/10/06 Mon. 12:17 [edit]

category: 楽器

tb: 0   cm: 0

ウクレレとクルーナー歌手  

きのう川瀬さんとお話していて、ふと「むかしビッグバンドの歌手でウクレレ弾き語りの人がいたらしい」という話になりました。「YouTubeあたりにないですか?」と言われ、探してみたのが次の動画デス:

Johnny Marvin Returns
http://jp.youtube.com/watch?v=BJpR0sYs73U

ジョニー・マーヴィンはウクレレの本なんかで見かけたことあります。この人の名前を冠したウクレレも昔あったようです。上の映像は途中でノコギリに持ち帰るので「ををっ」と思いました。

Jack Pepper and his Ukulele
http://jp.youtube.com/watch?v=VsR5I32noig

こちらは初耳です。ボードビリアンらしいです。それより、途中で(川瀬さんみたいに)ピアノ弾きだしたりするのかなあと期待してましたが、そういうシーンは収められてませんでした。

ウクレレ弾き語りでビッグバンドといえば、有名なウクレレ・アイクだってそうですよね。1920年代頃には普通だったような雰囲気です。しかし、「有名なクルーナー歌手」というリストには、ウクレレ・アイク(Cliff Edwards)しか載ってませんでした。

List of crooners
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_crooners

以上、「ラミ犬の昔の音楽研究」報告でした。

Posted on 2008/10/02 Thu. 12:36 [edit]

category: 音楽

tb: 0   cm: 2

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

アフィリエイト

Twitter

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

チェルシーズ物販コーナー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。