スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

はじめてひくみんなのおうた  

みんなのおうた
さて子供のために次は教本探しだ。三宮の島村楽器(子供のお気に入り。キッズドラムセットがあって自由に叩けるから)で色々あさるが、ミッフィーの本とかも役にたたなそうだし、だいたい自分が弾けないんだし、、、と探すうちに

ピアノ・ホームポジションではじめてひくみんなのおうた―レッスンから発表会まで

というのが見つかり、どうもこれが一番よさげだと購入。子供はごほうびシールがついているのに惹かれており、ぼくはイラストがかわいいのに惹かれている。

家で仔細に検討してみるがまず「ホームポジション」て何やねん、というのがわからんのでインターネットで調べる。指番号が分かったとこで、確かヘ音譜表の上の6線目のドがト音譜表の下の6線目のドだとどっかで習った気がしてきて、納得。多分これであってるのでしょう。

最初は「いちばんぼしみつけた」「ほたる」などドとレだけの陰気くさい曲ばっか。とりあえず練習するうちに「ジングルベル」が弾ける気がしてきた。しかしハンドロールピアノ付録のリズムボックスにあわせようとすると全然ついていけないのであった。がーん。
スポンサーサイト

Posted on 2004/11/28 Sun. 15:00 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ハンドロールピアノ  

95149c35.gif子供にウクレレを教えたいのだが、そして本人もよく「貸せ」といっては弾くマネをしているのだが、さすがにドレミをやってみろといってもムリみたい。弦楽器は左手で押さえて右手で弾くというのが、3歳児にはまだまだ難しいようだ。キーボードだったらなんとかなるけど、うち狭いしなあと思っていたら、巻いて収納できるピアノがあると聞いて早速注文。9月末頃の話。

http://www.yamano-music.com/docs/hard/handroll_piano.html

この61鍵タイプは8月発売予定がのびて11月になってからやっと配達されてきました。

巻けるということで、キーボードは5mmくらい?の薄いゴム。ボール紙に鍵盤を書いて練習するよりはマシという程度と聞いていたのだけど、まさにそういうくらいのものか。

音は100種類以上ついているが、まず最初のピアノからしてヘン。ドレミ...シドくらいで音色が変わってしまう。ギターアンプにつないで音だししてみたらまあまあの音なんで、これは本体スピーカーの問題か。あとピッチが微妙におかしい気がする。オルガン系のを弾くとなんかヤバい感じがしてくる。「裏のゴムにほこりがついてはいけない」ということなんだが、それはムリでしょう。

総合評価は「まあまあ」ってとこかなあ。子供に「お片付け」させられるのがしつけ上にもいい気がするし(?)、惜しげなく「ド」のとこに赤丸シール貼ってみたりできるし。リズムボックスも結構おもろいし。(デモ演奏は不要。気が狂いそうになる)

Posted on 2004/11/27 Sat. 15:00 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ウクレレの底あげ  

見学というか、関レレ11月例会での占部さんによるウクレレクリニックで見ていただいた占レレのサドル調整のため、工房におじゃまする。

占部ウクレレを注文したのはほとんど1年前、今年の1月2日に問い合わせメール出して、即レスあって、1月末に工房でだいたいの希望を伝えて(といって、一番標準的なスプルース+メイプルを特に注文なく頼んだ)、引き取りにいったのは5月1日ごろ。

占部さんはコナコーヒーとシュークリームに目がないということなので、これまで2度の訪問では伊丹市の誇る2大ケーキ屋のシュークリームを持参。今回もその一方のを持参。「うわー、うまそう」と喜んでいらっしゃいました。息子さんともどもほんとに好きらしくて、何十個あっても食べちゃうそうです。みなさんも工房見学の時には参考にして下さい。

えーと。ウクレレの話でしたね。工房につくとグラインダーでさっさとサドルを削り、テンションが低くなった分ブリッジの溝を少し深くして下さいました。それからおもむろにハンマーでナットとかブリッジをこつこつやって(音のバランスを見るそうです)ナットの角をちょっと削ってみたり。12フレットの弦高が2.5mmがベスト、とか。ぼくのは3.5近くあったのでした。

さて愛用のウクレレが弾きやすくなったところで、工房にあるソプラノウクレレに目がクギ付け。数々の新しい工夫をこらしたレースウッド材の試作品なのだそう。しかもめちゃくちゃいい音! ぼくのと換えてくれないかな?と思ったんだけど、ダメといわれました。あたりまえ。(写真なし)

関レレの忘年会では、さらに改良版をもってご登場されるそうです。ご本人いわく「誰もそんなこと言ってないねんけど、いつのまにかそういう噂になってる」ということでした。

その工夫っていうか製法っていうか、すごい感心したんですが、おいおい発表されるでしょうから書きません。何より感心したのは、占部さんの音への追求心とでもいいましょうか。人に製法を聞かれたら全部教えるとおっしゃっていました。それは、技術をみんなに伝えることで、「ウクレレの底あげをしたい」ということだそうです。現に台湾あたりのウクレレメーカーにフレットの打ち方を教えたところ安ウクレレの品質がぐっとあがったということです。楽器の質が上がればプレーヤーの質もあがる。これからアジアの(そして世界の)ウクレレ界がもっと底あげされていくかも? 夢のある話です。

付録:発見。これから開設されるらしき占部サイト
http://www.urabe-strings.com/

Posted on 2004/11/26 Fri. 15:00 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

くわっ!  

Umezz

か、買ってしまったのら! でもまだ聴いてない! なんか怖い!


http://umezz.com/mt/archives/000102.html

Posted on 2004/11/26 Fri. 04:01 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

マーシーに萌え  

大変めずらしいことにカラオケに行った。ブルーハーツがめちゃくちゃ盛り上がったのが悲しかった。だって流行ってた当時は「トレイントレイン」がかろうじてあるかないかったとこだった?確か。

何が悲しいといって30代の人が超盛り上がるのね、おれも含めて。マーシーに萌えって感じ。ジュンスカも盛り上がってたな。ビデオクリップをみてしみじみと歳をとったなあと思った次第。

あ、ちなみにオザケンも唄ってみたけど高いところの声が出ないのを忘れてました。がーん。

Posted on 2004/11/20 Sat. 15:00 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ウクレレでソロをとる  

トワイライトコンサート
昨年に引き続き職場のコンサートにウクレレで出演。今年は豪華なことにジャズバンド(Vo,key,b,ds)と共演ということになりました。

共演は1曲だけ、バカラックの「Close to you」で半コーラスほどソロももらいましたが。が。がーん。あかん。ちょっとレベル低い、おれ。普段ウクレレの人とばっかやってるしジャズバンドなんてやったこともないしというのを差し引いてもちょっとあかん。

自分のレベルはそんなに上がらないと思うので、こういう機会を増やしたいなと思ったりします<迷惑かな

Posted on 2004/11/18 Thu. 15:00 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

アフィリエイト

Twitter

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

チェルシーズ物販コーナー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。