スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

マーティン・スコセッシ監督「ザ・ローリング・ストーンズ?シャイン・ア・ライト」  

マーティン・スコセッシ監督「ザ・ローリング・ストーンズ?シャイン・ア・ライト」
http://www.shinealight-movie.jp/

よく空いたわびしい映画館でこの映画を見てて、ふと非常に恐ろしいことに思い至った。ぼくがストーンズを聴かなくなってから、もうほとんど20年が経過している。そして、ストーンズの劇場用映画を前に見たのは、81年のライブを撮った「レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー」(ハル・アシュビー監督)以来。それがもう25年ほど前(「戦場のメリークリスマス」と二本立てだった)。。。いったい何年生きてるねん>おれ?!と戦慄してしまいました。

スコセッシ監督の音楽映画といえば有名なのがザ・バンドの解散コンサートを撮った「ラスト・ワルツ」。これを見たストーンズのメンバー(ミック?)が「ロックバンドの映画にメンバーの人生模様なんて関係ない。必要なのは音楽だけだろ」と言ったとか言わなかったとか。それで作ったのが上述の「レッツ?」だったって話です。(これは本当にただステージを映しているだけの映画だった)

こういう事情が念頭にあったんで、スコセッシがストーンズを撮ったら、どういうものになるんだろうかという興味がありましたが、見事というべきか、いい映画になってます。

確かに若い頃のインタビュー映像「60歳になってもロックするつもりですか?」「うん」なんてのをはさんで現在のステージに戻ってくるなんて、あざといとも言える。それからクローズアップになるごとに、その人物の演奏してる音を音量あげたりするような、いかにも映画的な表現も、ウザいといえばウザい。

でもまあ、これはこれでいいでしょう。ライブの見せ場をよく知ってて、ストーンズのかっこいいとこをこれでもかと切り取って見せてくれてる。

それにしても「レッツ?」の頃から曲目も演奏もメンバーのルックスも(25年以上経ってるのになあ)ほとんど変わってないのには驚きです。なんせおれ、20年ストーンズ聴いてないし、知らん曲が出てくるやろと思ってたら、知らなかったのはキースの歌うConnectionだけ(すごく古い曲で、そのアルバムはなぜか聴いたことがない)というのも驚いた。キースやロンがコーラスしなくなって、かわりにサポートがぞろぞろステージ袖にいるのはがっかりではありました。だけど、本人達の演奏は何も変わってない。

ほんと、いったい何十年同じことやってんだろなー、こいつら。「ブラウン・シュガー」なんかもう、パブリック・ドメインにしていいんじゃない。バンドを世界遺産に認定するとか。

不良中年をとっくに越して、不良老人。ミックなんて去年で65歳でしょ。なのに未だにセクシーで(顔はさすがにちょっと老けたかな)、他のメンバーたちも、白髪の素敵なおじさまになったチャーリー、あいかわらずほっそ?い足のロン、あいかわらず人間離れしたルックスのキース、みんなカッコいいなあ。

最後に、映画で最もグッときた、キースのコメント映像を紹介する。キースとロン、別々にインタビューする企画だったらしい。

インタビュアー「二人のどっちがギターうまいの?」
ロン「おれだよもちろん」

インタビュアー「そんなこと言ってましたけど」
キース「そういうと思ったよ。(で、沈黙の後)ほんとは二人とも下手なんだ。でも二人合わせると最強だ」

…あー、もうカッコよすぎ。泣かせるね、キース。バンドをやる究極の意味はここにあるんじゃないのかな。

演奏が終わって4人で肩組んで、だらだらとバレエ式のお辞儀をする不良老人達の映像をみて、おれもまだまだ行けるんじゃないか(どこによ?)、行かなくちゃいけないんじゃないか(だから、どこによ?)、と思った映画でした。
スポンサーサイト

Posted on 2009/01/07 Wed. 12:41 [edit]

category: 映画・映像

tb: 0   cm: 6

バルバラの「黒い鷲」  

ひょんなことでバルバラの動く映像を生まれて初めてみました。伝説の1987年シャトレ公演です。

YouTubeです。バルバラ「黒い鷲」 Barbara "L'aigle noir"
http://www.youtube.com/watch?v=qH8yUZKIQ88

YouTubeを知った頃に探したけどすでに削除された後だったんだよね。また誰かアップしたようです。

50代後半(10年後の1997年に逝去)のライブで、息もずいぶんあがって不安定なんだけど、最後の方、すごすぎ。金髪の子供を抱き上げてなんて言ってるんだろうな。「お母さんのいうことをよく聞くのよ」とかなんとか?(笑)

バルバラはユダヤ人ゆえ、2次大戦中のフランスでものすごい苦労をしたようです。しかし「ゲッティンゲン」という曲では「子供たちは同じ パリでもゲッティンゲンでも」と歌ってるんです。だから上の映像の最後に金髪の子供が出てきて、ぼくは泣きそうになったのだった。(しかし仕事場なの)

Posted on 2007/11/08 Thu. 12:50 [edit]

category: 映画・映像

tb: 0   cm: 0

映画「イカとクジラ」  

「イカとクジラ」ノア・バームバック監督 2005年アメリカ映画

招待券をもらった。「舞台は80年代のブルックリン」「2005年、最もウディ・アレン的映画」なんて聞いただけで、普通ならぼくは観ない映画だったと思う。ノア・バームバック監督は、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』のウェス・アンダーソン監督の一派だそうで、70年前後のアメリカン・ニューシネマに似た色調の画面、その頃の映画のような地味でリアルな描写など、いかにもニューヨークの映画らしいです。

博士号を持った作家夫婦に二人の男の子。難しい作品を書く売れない作家の父親は俗世間を見下している。母親は「ニューヨーカー」に作品がのる上り調子の作家。この夫婦が離婚し、その後の子供の養育をめぐるいざこざが描かれます。

長男はお父さんに肩入れし、カフカがすごいと言ってみたり、誰彼なく俗物と見下ろしたり、なかなか青い高校生。次男はお母さんが好きなんだけど、どうもお父さん似のところがあるようで、そこが自分で気に入らない。思春期の入り口で性欲の持って行き所がなくて、ついでにキッチンドリンカーになっている。二人とも名演です。

映画の公式サイトに「トリビア」というコーナーがあるくらい、映画の中には気恥ずかしいスノッブな情報がちりばめられている。こういうのが自慢でもなく無下に否定するでもなく提示されているあたりが今風です。(木村紅美さんの小説にも少し似た感じがあります)

--- 注意。以下、映画の内容について細かく触れてます ---

部屋にユスターシュ映画のポスターを貼っている長男はデートで「ショートサーキット」を観に行くはずが、お父さんの提案で、父親同伴で「ブルーベルベット」を観に行くはめに。ピンク・フロイドの曲を自作と称して学芸会で演奏した長男に、父親の女生徒が「わたしもよくルー・リードの詩をパクった」と言う。父親は救急車で運ばれながら「勝手にしやがれ」の最後のセリフを妻に向かって言う。が、通じなくて何度も説明する(笑)... etc。

さらに、長男が自然史博物館に行って子供時代を思い出すラストシーンは、「ライ麦畑でつかまえて」を思い出させました。この自然史博物館の展示にまつわる母親との思い出が映画の主題であり、長男の精神的格闘を理解するカギであることは間違いありません。でもセラピーでこれを思い出したときにはすぐ場面が転換するし、父親の見舞いに行って過去を聞きだそうとするところでも観客ははぐらかされてしまいます。

そして最後、映画タイトルになった「巨大イカとクジラの戦い」の展示がアップになった瞬間、映画はあっさりと終わってしまうのです。この意図的な宙づり感。「え、終わり?」とあっけにとられながらも、ラストシーンからエンディングロールにかけて流れるルー・リードの「ストリート・ハッスル」がかっこよくて、時間が経つにつれじわじわと、いい映画だった気がしてきました。

最後に、ぼくも負けずにスノッブなところ見せておくか。公式サイトのトリビア欄に「ラングストン・ヒューストン」と書いてあるが「ラングストン・ヒューズ」の間違いだ。確かにクノップフ(クノッフ)から本を出している。

公式サイト
http://www.sonypictures.jp/movies/thesquidandthewhale/site/main.html

Posted on 2006/12/18 Mon. 17:26 [edit]

category: 映画・映像

thread: 洋画 - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

「誰も知らない」「リンダリンダリンダ」  

最近、ビデオレンタルで映画をみてます。数年前は1日1本の勢いでみてたけど、子供が成長してから遠ざかってました。

是枝裕和 監督映画『誰も知らない』

昨年、タテタカコのライブでこの映画の主題歌「宝石」を聴いて以来、ずーっとみたかった映画。これはすばらしいです。みてない人はみて下さい。

確かに悲しい話で、1回目はあまりの可哀想さに時々泣きながらみてたんだけど、2回目にみると次第に子役が全員ほんとうの近所の子供みたいに感じられてきた。これ以上ないくらいリアルな映画です。

そもそもこの映画をみたいと強く思った理由は、スチール写真の柳楽優弥をみたから。こんな眼をした少年がいるんだなあと、ある種の衝撃を受けました。タテタカコの「宝石」は映画より先にあったらしいですが、うそみたいにこの少年のイメージを持った曲です。

それから、実際の事件をモチーフにしたというこの映画の中でおそらく唯一付け加えられたのであろう、いじめられっ子の中学生を演じる韓英恵がめちゃくちゃいい。

この二人がモノレールに乗って無言で帰ってくるシーンの、二人それぞれの眼の力、こんなのはみたこともないと思った。

ビデオやDVDを買って家で何度もみたい映画、トリュフォーの「大人は判ってくれない」なり、ゴダールの「気狂いピエロ」なり、それらに並ぶくらい好きな作品になりました。

山下敦弘 監督映画『リンダリンダリンダ』

「春の日のクマは好きですか」の映画チラシをみてよさそうと思ってたんですが、その主演のぺ・ドゥナが出てるというのでみました。これも大当たりでした。日本映画、レベル高い。

「スイング・ガールズ」とだいたい同時期の映画で、比べられたりもしてたと思うけど、こっちのが全然いい。高校生の頃って、面白かったような面白くなかったような。青春とか言われたってさ。でもやっぱり特別な時代だったような。そんな感じがよく撮れてる。(なお「スイング?」も見たけど、これは同じ監督の「ウォーターボーイズ」と比べるとテンポ悪すぎてダメすぎと思った)



ところでこの二作品をみて、少なくとも映画の世界で、コリアと日本の関係が至って日常的なものになっているんだなという感慨がありました。

韓英恵というからには在日の何世かなんだろうと思うけど、これまでそういう名前で映画に出た人がどれほどいただろうか。「リンダ?」では韓国人が主演し、彼女の演じる留学生と、同級生たちの友情がとりたてて特別なこととしてでもなく描かれてる。

あと、いまは本当に21世紀なんだなぁと思った(何を言っているのか)。「リンダ?」の主人公たちの設定は「ブルーハーツの創成期に生まれた女子高生たち」。でも、2004年に17歳なら87年生まれだから、創世期じゃなくて、アルバムデビューの年なんす。そして韓英恵、1990年生まれ。。。めまいがする。

Posted on 2006/07/25 Tue. 17:49 [edit]

category: 映画・映像

thread: 日本映画 - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

アフィリエイト

Twitter

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

チェルシーズ物販コーナー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。