スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ブログを引っ越します  

チェルシーズのHPを新しくしました。
http://33t.ciao.jp/lami/

なので、このブログはこれから使わないことにしようかなと思っています。操作がいまいちわからないので、また戻ってくるかもしれませんが。それとバンドに無関係な個人的なことは、やはりこのブログに書くのがよさそうです。

ということで、ライブ情報の更新その他、チェルシーズのホームページをご覧ください。
http://33t.ciao.jp/lami/

これからもよろしくお願いします。
スポンサーサイト

Posted on 2016/01/01 Fri. 15:11 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

2015年のハイライト by ラミ犬  

毎年毎年、ほんとうに「あっ」という間に年末が来てしまいますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
今年のハイライトをちょっと振り返ってみました。

1. ライブ

1/11、ノイズ系の3組に混ざってなぜかラミ犬ソロという、キトゥンカンパニーでのライブが2015年最初のライブだったのかあ(遠い目)。飛び入りとか外仕事(クラシックギター)もやりました。
どれも思い出すと走馬灯(遠い目)ですが、一番の収穫は4/19フレイムハウスでの、良元優作+関島岳郎とのライブです。「きみんち」で関島さんにソロを吹いていただいたという、ウソのようなほんとの話もあったので、証拠写真をごらんください。撮影、しろくろまっちゃさん、ありがとうございます。
良元+関島+チェル

ほか6/28の「賞金争奪祇園バトル」も面白かったですね。賞金を獲得できるのは2位まででしたが、3位になったのが我らながら意外でした。いや、勝つ気やってんけどね(みんな、そうでした)。

2. 観に行ったライブ

Alessi’s ArkもAoife O’Donovanの新バンドも見逃した今年。それでもそれなりに観に行きました。
10/11 テニスコーツ+TAPE。両者の即興かけあいの柔軟さと、TAPEのギターの音がものすごく綺麗なのが印象的でした。
9/21 同じくテニスコーツ。こちらは宇都宮泰さんの講演がメインで、宇都宮さんのマスタリングの秘密が解説される上にテニスの演奏も聴けるという贅沢なイベントでした。この時メモをとってて、我ながら高揚していたのがわかります。
7/16 GANZ toi,toi,toiでの中川敬ライブ。台風来てて、危ない危ないと言われていた中に、100人くらいの猛者が集まってました。ホワイティも全部閉店してるし、異様な雰囲気だったのとあいまって、中川も客もテンション高くて、思い出のあるライブです。
12/4 アルタン。伊丹の小さなクラシック向けホールで、近い距離で観れたのがよかった。前日がダーヴィッシュのライブ(こちらは西宮の巨大ホール)で、これもよかったんだけど、やっぱりアルタンが王者な気がしました。

3. 音源

今年はなぜかジェシ・エド・デイヴィスにハマってました。スライドギターを自分が弾いてみようと思って音源を探してて、スライドを弾いてる人の中で自分に一番しっくりきたのがジェシだったのです。ジョン・レノンの「スタンド・バイ・ミー」の間奏を弾いてる人だといえば、たいていの人は聴いたことあるでしょう。ジェシは3枚しかソロアルバムを出してないので、彼のプロデュース作とか参加作まで手を出しました。
あとは、 何年かに一度くる自分内ボブ・ディランブームがいま来てるとか、あいかわらずニール・ヤングは好きだし。グラム・パーソンズも流しっぱなし。
いま部屋でかけてるのはイアン・マシューズのPlainsong「アメリア・イアハートに捧ぐ」。1937年に太平洋上で行方不明になった、初の女性飛行士といわれる人をテーマにした作品です。いい、これ。

http://amzn.to/22zqM2o

アメリカ音楽に影響されたイギリス人といえば、ロニー・レインもよく聴きました。ぼくの演奏をみて「カントリーのギターですね」という人が結構いて、自分ではそんなつもりないんですが、やはり影響でかいんでしょうか。ていうか、新しい音楽聴くべきだと思うなぁ…

音源といえばまさに「音源」な、Apple MusicとAWA Musicの無料試用をやってみました。本に出てきた人を聴いてみたい(むかしならいちいち買うしかなかった)というような用途にはとてもよいです。どのみち一生聴いても時間が足りないほどの音楽が手に入る時代、一番好きなもの以外は資料でしかないというのが自分の結論です。そういう用途に、これはとてもよい。試聴してよかったらCDがどうしてもほしくなるんで、買います。ただそういう人ばかりじゃないので、レコード店はどんどん閉店していくしかないのかな。

なおApple Musicはレコメンド機能が強力でした。なるべく色んな音楽にアンテナ広げておくと、面白いものがひっかかってきました。ストリーミングという形態が音楽リスニングを豊かにする可能性があるとすれば、こういうところかな。

4. 本

たくさん読みましたけど、1冊だけあげるなら、これか。

高橋健太郎「スタジオの音が聴こえる」

http://amzn.to/1ZCSh8T

これまであまり興味なかった、どのスタジオで録った音がどうというような、オーディオマニア的な分野ではあるけど、「なぜ1972年のレコードは音がいいのか」という論はおもしろかった。とりあえずCDのライナーノートは録音スタジオをチェックするようになりました。今年やたらアメリカンやカントリー系の作品をいっぱい聴いたのは、この本に出てきたからというのも大きいです。

あと子供の読んでる漫画「ハイキュー!!」がいまとても気に入っているところです。3回くらい繰り返して読んでおりますです。

5. その他

仕事なんだけど、9月にアメリカ西海岸に行きました。なんかすごい異文化体験だったんです、これが。仕事そのものは、英語でありながらある意味外国感がなくて、まぁ同業者だからなんとなく通じるところあります。ところが街にでると、コリアンタウンでのアウェイ感、ハンバーガー店でスペイン語にしか聞こえない英語で注文とられて理解できなかったことなど、強烈な印象が残りました。文化の違いという点では、白人文化の方に親和性がある(それが勘違いかもしれなくても)なあというのがひとつ、またこのような多様性を日本社会が包摂することは可能なんだろうか、そんな包容力が日本人にあるんだろうか、というのがもうひとつの所感です。

今年は15年安保とよばれる政治の年でもありました。学生団体への執拗なネットでの匿名バッシング、法案が通ってからの世間の熱の冷め方、そして次の参院選挙には再び自民(そして公明、さらに大阪の維新)が大量当選するだろうと予想されていることなど、まったくもってファシズム前夜の予感がしています。

さて、2016年もいろいろやろう。

Posted on 2015/12/31 Thu. 12:24 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

チェルシーズライブ予定2016年1月〜  

チェルシーズライブ vol.127
2016.1.10(日)京都木屋町わからん屋
http://wakaranwakaran.blogspot.jp/
開場18:30 開演19:30
前売1000円 当日1200円(別途要オーダー) 前売はお店か出演者に事前連絡ください
出演:山下健、チェルシーズ・ラミ犬

GoogleMaps
* 新春ライブ!

Posted on 2015/12/19 Sat. 18:56 [edit]

category: ライブ予定

tb: 0   cm: 0

12/13 新世界のこされ島「みずたま日和6」 ライブのご報告  

お越しのみなさま、ありがとうございました。

「のこされ島」にお邪魔したのははじめてですが、動物園前の駅を降りてからまさに新世界やろ!って感じの商店街を通って、お店の前までいったのに入り口がわからず、しばしうろうろしました。残念ながらたこ焼きを食べそこねましたが、開場前に串カツを食べに行きました。禁をやぶってビールを飲んでしまった(笑) 出番が最後なんで、問題なかったです。ほんとです。

今回は吉野奈津子さんととBambiさんの絵画展のオープニングパーティーということで、おふたりのライブペインティング+音楽のライブという催しでした。

森本航賢&畑下マユはなんていうか非常に落ち着いたふたりで(若いです)、どうしてうちのバンドはこういつまでもドタバタなんだろうかと反省しきりです。畑下さんの金延幸子的な声がよかったのと、森本さんはディランとかフォークトラッドなんかも好きらしくて、ぼくの好きな音楽をやってる二人です。

みぞたさんはお会いするの2回目です。前も思ったんですが、アコーディオン弾き語りという形態がそもそもちょっとユーモラスで、音楽もそういう感じになると思うんです。が、見た目がメルヘンチックなわりに、歌ってる内容は激しいというかスプラッタというか。おもしろいですよね、この人。

チェルシーズ、今年最後の演奏を二人でできてよかったなと思っています。1年に1回くらいしかやる機会がないインストの「冬至」をやりました。まりりんはこのために久しぶりにトイピアノをひっぱりだしてきました。子供できてから、なるべく使用機材は減らしてるんですけど、やっぱチェルシーズの特徴でもあるしな、この楽器は。

CWHTST1VEAArnLe.jpg
*いい感じでしょ、この店。撮影はみぞたちかさん(かな?ツイッターからいただきました)。ありがとうございます。

今年も数々のライブ、おつきあいいただきありがとうございました。周年記念ライブをやるのをうっかり忘れ続けてますが、チェルシーズの二人も今年で7年の活動となってます。長く続けてると、音楽として練れてきたなあって感じもあるんですが、新しい(そして危なっかしい)要素もどんどん試して行きたいですね。来年もぼちぼちやっていきますよ〜。

チェルシーズライブ vol.126
2015.12.13(日)新世界のこされ島「みずたま日和6」
http://www.nocoto.com/
http://ameblo.jp/nocoto/
出演(順に):森本航賢&畑下マユ、みぞたちか、チェルシーズ

<セットリスト>
南国生まれのオレンジ色の鳥
きみが風邪をひいちゃったから
冬至
眠れぬ夜のかたつむり
ほかほか赤ちゃん
きみんち
あかまつさん

<チェルシーズ>
まりりん(うた、ピアニカ、たて笛、その他鳴り物)
ラミ犬(うた、ギター、よこ笛)

Posted on 2015/12/19 Sat. 14:13 [edit]

category: ライブの報告

tb: 0   cm: 0

11/29京都木屋町わからん屋ライブのご報告  

京都はぐっと冷え込んでましたが、お越しのみなさま、ありがとうございました。

わからん屋へのまりりんの登場は、2014年の11月から実に1年ぶりでした。なので、なるべく定番曲を選んだんですが、そういいつつも、まりりんが初・英語の歌を披露したLove Hurts、わからん屋で初演奏のムーンリバーなど、意外に冒険メニューになってました。

辻本昌久さんとはお互い名前のみ知りつつ、初対バンとなりました。レスポールジュニアでぶっとい音を出す人です。みるからにストーンズマニアですが、やはりそうらしいです。
きのしたあきらさんは何回目かの対バンでした。やはりお父さんの歌に泣かされてしまいました。

チェルシーズライブ vol.125
2015.11.29(日)京都木屋町わからん屋
http://wakaranwakaran.blogspot.jp/
出演(順に):辻本昌久、チェルシーズ、きのしたあきら
12279086_1644850095803436_3784511485299569723_n.jpg


<セットリスト>
全国の方向音痴に捧ぐ
南国生まれのオレンジ色の鳥
うろこ雲
ほかほか赤ちゃん
Love Hurts
ムーンリバー
きみんち
あかまつさん

Posted on 2015/12/02 Wed. 13:09 [edit]

category: ライブの報告

tb: 0   cm: 0

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

アフィリエイト

Twitter

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

チェルシーズ物販コーナー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。